創刊となった日

リーダーズ・ダイジェストはアメリカ以外に世界100カ国以上で、35カ国語の52の版が発行されており、4000万人の読者がいる。
発行部数は1700万部で、有料で流通している世界最大の定期刊行雑誌だ。
1922年の2月5日が創刊だそうだ。
点字版、デジタル版、音声版、Reader’s Digest Large Print という大きな版などもある。
判型はアメリカの一般雑誌の半分ほどと小さい。
そこで2005年夏、アメリカ版は “America in your pocket”というキャッチフレーズを採用。
2008年1月には “Life well shared” に変更した。

コレラの病原体

コレラ毒素を産生するコレラ菌によって発症する。
コレラ菌のffなどでO1型の大部分とO139型のごく一部、その他コレラ毒素遺伝子を持つ物がこれに相当する。
コレラ菌は、コンマ状の形態の桿菌で、鞭毛により活発に運動する。
従来、アジア型とエルトール型が知られていたが、1992年に新たな菌であるO139が発見された。
強い感染力があり、特にアジア型は高い死亡率を示し、ペストに匹敵する危険な感染症であるが、ペストと異なり、自然界ではヒト以外に感染しない。
流行時以外にコレラ菌がどこで生存しているかについては諸説あり、海水中、人体に不顕性感染の形で存在する、あるいは甲殻類への寄生が考えられる。

自動車取得税の廃止でどうなるか

国は2014年4月からの消費税増税にリンクさせて、自動車取得税を二段階に分けて引き下げます。
消費税が8%になった段階で、エコカー減税の拡充などグリーン税制を強化し、消費税10%となる15年10月には自動車取得税そのものを撤廃するという段取りです。
それによって車の買い控えを抑える、という狙いがある様です。
増える消費税と、自動車取得税撤廃との損得勘定ですが、エコカーやハイブリットカーはそもそも自動車取得税が免除されていますので、廃止によるメリットはゼロです。
普通自動車や軽自動車であっても、増える負担分の方が自動車税を上回り、結局はマイナスになってしまうのです。
これを機に、車種によっては乗り換えが必要になるかもしれません。