自動車取得税の廃止でどうなるか

国は2014年4月からの消費税増税にリンクさせて、自動車取得税を二段階に分けて引き下げます。
消費税が8%になった段階で、エコカー減税の拡充などグリーン税制を強化し、消費税10%となる15年10月には自動車取得税そのものを撤廃するという段取りです。
それによって車の買い控えを抑える、という狙いがある様です。
増える消費税と、自動車取得税撤廃との損得勘定ですが、エコカーやハイブリットカーはそもそも自動車取得税が免除されていますので、廃止によるメリットはゼロです。
普通自動車や軽自動車であっても、増える負担分の方が自動車税を上回り、結局はマイナスになってしまうのです。
これを機に、車種によっては乗り換えが必要になるかもしれません。

http://www.clubandcountrybadges.co.uk/