田園都市線

東京都心の繁華街の一大ターミナルである渋谷駅から郊外の住宅地域を経て中央林間駅を結ぶ通勤・通学路線であり、東横線と並ぶ東急の基軸路線である。
路線の名称は、東急が田園都市線とともにエベネザー・ハワードの提唱した田園都市構想を用いて建設を行った「多摩田園都市」に由来する。
溝の口駅以西はこの「多摩田園都市」の中核をなす交通機関として建設された。
多摩田園都市地域のニュータウンとしての発展とともに、同地域の最も主要な交通機関として機能している。