新幹線のぞみ内にヘビ

26日午前9時40分ごろ、東京発広島行きの東海道新幹線のぞみ103号の車内で、12号車の窓側の席のひじ掛けにヘビが巻き付いているのを女性が発見し、通常なら通過する浜松駅に臨時停車をしました。
周囲の乗客に避難してもらい、浜松駅で乗り込んだ警察官がヘビをポリ袋の中に入れられ、のぞみは約5分遅れで出発した。
シマヘビとみられ、全長は30センチほどでした。シマヘビは北海道から九州までに生息する在来種です。
ヘビの新幹線への持ち込みは旅客営業規則で禁止されいて、前日夜の整備の際は異常はなかったそうです。
野生の可能性もあるが、市内のペットショップに保管を委託し、持ち主を捜しています。
ヘビはどこからやってきたのでしょうか。
けが人が出なくて良かったなと思います。