八戸市

八戸市は南部地方の中心都市であり、八戸都市圏は約33万人の人口を擁する。
また商圏は隣接する岩手県北東部に及び、商圏人口は東北地方有数の約60万人を誇る。
港町と工業都市の2つの性格を併せ持った街である。
伝統芸能であるえんぶりおよび八戸三社大祭、騎馬打毬は共に国の重要無形民俗文化財に指定されている。
伝統工芸品は「八幡馬」「八戸焼」「南部姫毬」などがある。
2002年12月に東北新幹線が八戸駅まで延伸開業し、東京駅まで最短2時間56分で結ばれた。
『氷都八戸』八戸市はスケート、アイスホッケーが盛んで実業団体やジュニアチーム、女子チーム、素人アイスホッケーを含め加盟登録数は60チームにのぼる。
B-1グランプリ発祥の地であり、第1回の殿堂入り・開催地(投票対象外)後の第2回~第4回は2位、第5回~第6回は3位そして第7回では優勝し、 第1回の殿堂入り以外で全て3位以内を獲ってるのは八戸のみである。
南部煎餅・せんべい汁・いちご煮など八戸発祥料理があり、お盆には「背中あて」を食べるのも八戸ならではである