新幹線のぞみ内にヘビ

26日午前9時40分ごろ、東京発広島行きの東海道新幹線のぞみ103号の車内で、12号車の窓側の席のひじ掛けにヘビが巻き付いているのを女性が発見し、通常なら通過する浜松駅に臨時停車をしました。
周囲の乗客に避難してもらい、浜松駅で乗り込んだ警察官がヘビをポリ袋の中に入れられ、のぞみは約5分遅れで出発した。
シマヘビとみられ、全長は30センチほどでした。シマヘビは北海道から九州までに生息する在来種です。
ヘビの新幹線への持ち込みは旅客営業規則で禁止されいて、前日夜の整備の際は異常はなかったそうです。
野生の可能性もあるが、市内のペットショップに保管を委託し、持ち主を捜しています。
ヘビはどこからやってきたのでしょうか。
けが人が出なくて良かったなと思います。

台風16号上陸へ

週末にかけて日本の横断する台風16号は、今日にも鹿児島に上陸する見込みだ。22日にむけて関東方向に進み、おそらく太平洋側に抜けていく。
関東圏に入るころにはますます巨大化し、中越あたりも暴風域に入る見込みとされている。青森・北陸には上陸しないとのことだが、シルバーウィークの今週、一貫して日本全域の天気は悪そうである。
暴風雨や高波に伴い、低い土地の浸水などに注意し、いざという時は早めの避難をこころがけよう。避難するときは長靴の着用をおすすめする。道路が冠水していたら無理をせず引き返し、少し高いところで水が引くの待ってから避難すると良いだろう。

ひき逃げで19歳少女を逮捕

26日未明、兵庫県尼崎市で車2台が衝突する事故が起こりました。
この事故で、軽自動車を運転していた54歳の女性が意識不明の重体ということです。
乗用車を運転していた19歳の少女は車を残して逃走しましたが、その後ひき逃げなどの疑いで逮捕されたそうです。
少女は、「事故を起こして、逃げたことに間違いありません」と容疑を認めていて、警察は少女が赤信号を無視したとみられます。
なぜ少女は逃走したのでしょうか。
しっかり反省をし、罪を償っていってほしいなと思いました。
ドライバーの方は、事故に気を付けてほしいと思いました。

車転落の瞬間

台風10号の雨や川の氾濫のため、北海道で車3台が川に転落している。
急激な川の流れに橋は崩落、雨のため視界が悪かったのか、そのことに気が付かずに走ってきた車が落ちてしまった。その直前、町の職員が橋の崩落を発見し、車のヘッドライトで照らしながら交通留めの準備を進めていた。対岸から車が走ってきたことに気がつき、ライトや声で止まるように伝えたが、運転手はそのまま車を走らせた。雨や川からの轟音で、声が聞こえなかったようだ。車は職員らの目の前で、川に吸い込まれていった。
また、付近住民から「70代の夫が軽乗用車に乗って出たまま行方が分からない」と届け出があったため、転落したのはこの男性である可能背が高い。橋を渡った方角には、避難所に指定された小学校があったという。
また、会社員3人が乗った車も転落し、2人が自力での脱出に成功したが、残った1人は行方不明で今も賢明な捜索が続けられているそうだ。
台風10号は温帯低気圧に変わったが、また九州沖縄にあらたな台風が近づいている。この夏は一体どうしたというのか。