男性教諭、生徒の髪燃やす

兵庫県加西市立の中学校で先月、26歳の男性教諭が、授業中にライターの火を使って、13歳の男子生徒の髪の毛に火をつけていたことが分かった。男子生徒の髪は焦げた程度で、火傷はしなかったという。この件について同校は教育委員会などに報告していなかったことも分かった。
市の教育委員会によれば、男性教諭は1月20日午後2時すぎの1年生の国語の授業中、男子生徒の姿勢が悪いことを繰り返し注意した。ところが男子生徒が姿勢を正さなかったため、ズボンのポケットに入れていたライターに火を付け、生徒の左側頭部の髪の毛先を焦がしたという。
男性教諭は、この直後に生徒らに「冗談のつもりだったが、不適切な行為だった」と謝罪、同日夜に男子生徒宅を訪れ保護者にも謝罪したという。また、男性教諭は「なぜしてしまったか分からない」と話した。
同校の校長は教育委員会への報告をしなかったことについて「当事者が納得してくれて、平常通り登校もしていたので、解決したと思っていた」と話したという。男性教諭については「ほかに問題行動があったとは把握していない」とのことだった。
同市の教育長は「対応が遅れ、信頼を損ねる事態となり大変申し訳ない。学校教育に対する信頼回復に向け、指導を徹底していきたい」とコメントしたという。
「なぜしてしまったか分からない」というコメントこそ訳が分からない。普段から喫煙しているのだろうが、授業中までズボンのポケットにライターが入れっぱなしなのもどうかと思う。