スター・ウォーズ、北米史上最高の興行収益

米国時間の1月6日、シリーズ7作目となる新作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が公開から20日間にも関わらず、北米で過去最高の興行収益を記録したことが明らかになりました。
米ザ・ハリウッド・リポーター紙によりますと、これまでの北米での最高記録は2009年に公開された大ヒット作の「アバター」による興行収益7億6050万ドルでしたが、同映画はこの記録を打ち立てるまでに7カ月以上かかっているとのこと。
正確な数字はまだ公表されていないものの、ディズニーは、「フォースの覚醒」が北米での興行収益で「アバター」の記録を破ったと報じているといいます。
また、北米で7億ドル以上の収益をあげた映画は「アバター」と「フォースの覚醒」のみとなっています。