羊神社

今年は未年。せっかくなので干支にちなんだ神社に参拝するのも良いかもしれない。羊にちなんだ神社は全国に2か所しかないそうだ。12年に一度、未年には境内に参拝者があふれかえり、鳥居の外まで長蛇の列ができるのが愛知県名古屋市にある「羊神社」。境内には氏子から奉納されたという狛犬ならぬ”狛羊”もあるそうだ。この神社は千年以上この地に鎮座している歴史ある神社とのこと。社名の由来は奈良時代までさかのぼり、かつて「羊太夫」なる人物が奈良の都へ上る時に立ち寄っていた屋敷がこの地にあったと伝えられ、土地の人々が平和に暮らせるように羊太夫が火の神を祀ったことがこの神社の始まりで、それがいつしか「羊神社」と呼ばれるようになったそうだ。羊太夫については古い文献に様々なストーリーが残されており、中でも目を引くのは708年に鋳造された日本最古の貨幣「和同開珎」に関わったという話だ。当時、貨幣の原料となる和同を秩父で発見したのがこの羊太夫だと伝えられている。その功績を認められ、朝廷の有力公卿であった藤原不比等から現在の群馬県にある土地と藤原姓を賜ったという。群馬県安中市には羊太夫その人を祀った「鷺宮咲前神社」という神社がある。こちらの羊神社は江戸時代初期の創建。羊太夫の子孫と言われる多胡一族が先祖である「多胡羊太夫藤原宗勝公」を祀ったものだそうだ。例年初詣に訪れるのはほとんどが氏子である多胡家の方々だそうで、今年は未年とあって遠方からの参拝客を見込んで羊の絵馬を模した白い看板を設置しているそうだ。初詣がまだの人は行ってみるといいかもしれない。