来週は寒波襲来

11月も残り二日となり、いよいよ本格的な冬がやってくる。しかも来週は、寒波が日本列島を襲うとのこと。全国的に平年の気温を下回る。特に北海道、東北、日本海側は積雪や低温に注意が必要だ。シーズン初めというのは人の身体がまだ寒さになれていないことから、油断は禁物だ。また、雪による事故なども増加しやすくなる。特に山沿いの地域では冬のはじまりに大雪になるケースが多いので気を付けてほしい。また、一部では今年は暖冬と報道がされていたりするが、言葉に惑わされないでほしい。気温には必ず上下の波があり、特にシーズン初めは、気温の変動が大きくなることがある。その気温の大きな変化が体調を崩す要因となる。ウィンタースポーツをする人にとっては、冬が楽しみな人も多いと思うが、事故にはくれぐれも気を付けてほしい。

バナナの種

京都市左京区の東山中学校の教頭先生が、通常種のないはずのバナナから「種」のようなものを発見したそうだ。家族が店で買ってきたバナナを食べたところ、ガリッと歯にあたる物を見つけたという。輪切りにした中心部に放射状の芯のような黒く堅いものがあったそうだ。栽培されているバナナは通常3倍体と言われ、遺伝的に種ができないらしい。教頭は理科を担当しており、生徒たちには日ごろ「もし種があれば新聞に載るくらい」と教えていたそうで、「まさか自分が当事者になるとは。」と話している。

最近は品種改良で種無しブドウや種無しスイカが当たり前のように出回っているが、ごく偶に種があるものが混じっているときがある。植物の方も子孫を残すのに必死なのだろうか。