車の修理費

驚くほど高くつく車の修理費。
何とか抑えたいものです。
新車で購入した場合は3年間のメーカー保証がつく場合がほとんどでユーザーの過失がない場合は全て無料で修理されます。
またディーラーで定期点検を受け、車検整備も行ったクルマに対して2回目や3回目の車検まで保証を延長できるプランもあるので、新車で購入した人は是非利用する事をおススメします。
また中古車の場合でも極力保証の長いクルマを選ぶと良いでしょう。
万が一保証期間終了後に故障した場合は中古品やリビルト品を上手に使い、部品代を抑えて安く上げることも可能です。
また、今乗っている車の買取価格が知りたい場合は、車買取相場一括査定.com等が参考になるでしょう。

 

「特定看護師」制度 最終具体案

看護師が医師の具体的な指示なしで、高度な医療行為ができる「特定看護師」制度について、最終的な具体案をまとめたそうだ。
早ければ2015年度からの制度施行を目指すとのこと。
同案は、法案通過後に設置される審議会で改めて議論され、最終確定するんだそうだ。
いよいよ「特定看護師」の制度が出来そうですね。
これまでも制度を作ろうということで度々報道されていますが、最終的な具体案がまとまったということですからね。
この制度が実施され、運用されれば医師がいなくても特定看護師の判断で医療行為をすることができるようになる。
この制度が施行されると看護師の責任は増すことになるが、望んで行っていることですし、やりがいもあるでしょう。
まだ法案が通ったわけではないですが、早く施行できるようにしてほしいですね。
特定看護師にキャリアアップしたいと考えている看護師の方、資格取得支援に積極的な施設を看護師求人ランキングおすすめで探してみてはいかがでしょうか。

 

夜間でも訪問

定期巡回・随時対応型訪問介護看護というのがある。
要介護高齢者の在宅生活を支えるために、日中・夜間を通じて訪問するサービスを行う。
札幌市では、2年前に創設された。
札幌市が実施する「定期巡回・随時対応型訪問介護看護」は「月額報酬」で利用できることと、札幌市民の要介護1~5の高齢者を対象とした「地域密着型のサービス」が特徴の様だ。
事業所数も着実に増えており、現在、全国でもトップクラスの整備状況を誇るという。
必要なサービスを必要なタイミングで柔軟に提供すること。
これが、介護や医療における基本姿勢だと思う。
訪問介護看護に興味のある方は看護師 派遣で求人を探してみると良いだろう。

日本人の睡眠時間

日本人の睡眠時間の2010年の調査結果を見ると、平日の平均睡眠時間は7時間14分でした。
これは1960年と比べると、1時間以上も短くなっています。
必要な睡眠時間は人によって異なるうえ、加齢とともに短くなる傾向がありますが、日本人の睡眠時間は、先進国の中では最も短くなっています。
睡眠の悩みは、3つに大別されます。
1.仕事などが忙しくて十分な睡眠時間がとれない「睡眠不足」
2.寝る時間や起きる時間がバラバラで、日中に眠気が残る「リズム障害」
3.眠れる状況はあっても、よく眠れないという、「不眠症などの睡眠の障害に関係するもの」
です。
日本人の場合、約10人に1人の割合で不眠症のある人がいるといわれています。
「眠れる状況はあっても眠れない」ことに加えて、「眠気のために、日中の活動に支障がある」といった状態 が通常1か月以上続くと、不眠症と診断されます。
睡眠が不足すると、食欲と関係するホルモンの分泌が変化したり、インスリンの働きが悪くなったりするため、肥満や糖尿病などの生活習慣病を起こしやすくなります。
不眠症があると、将来的にうつ病になるリスクが高くなることも知られています。
眠れないけどいつものことだし、私は大丈夫、なんて思っている方も沢山いるようですがそれは駄目だと思いますよ。
大きな病気の原因にもなりますし、日常の仕事に支障が出てしまったりと、大変なことばかりです。
あまり眠れないな、ぐっすり寝て疲れを取りたいな、と思っている方はたくさんいると思います。
もしかして睡眠障害かも?と思う方がいるようでしたら、不眠症 解消で調べてみるといいでしょうね。

 

迅速な救命連携活動

長崎県でこんなことがあったそうだ。
横断歩道を歩行中に倒れ、心肺停止の状態になったの男性を帰省中にたまたま車で通り掛かった東京都在住の看護師の姉妹が心臓マッサージをした。
現場前の事務所に設置している自動体外式除細動器を持ち出し心肺蘇生を開始。
約1分半後、男性の心拍はほぼ正常に戻り自発呼吸を再開、到着した救急車で搬送された。
男性は退院し、後遺症もないとのこと。
こんなこともあるんですね。
歩行中に心肺停止し倒れてしまったところに、たまたま通りかかったのが東京から帰省していた看護師の姉妹だった。
その看護師しまいによる適切な処置と、倒れた場所がたまたま福祉事務所の前でAEDもあり、その福祉事務所の方の通報等の対応もよかった。
何重にも偶然が重なり、不幸中の幸いで倒れた男性は助かった。
しかも後遺症もないとのこと。
今回対応した方のうち一人でもかけていたら、今回のような結末にはならなかったかもしれない。
今回たまたま通りかかった看護師姉妹のように、突発的な対応ができるように経験を積みたい方看護師 パートを参考にしていただくといいと思います。

カテゴリー
お気に入り